正解者の中から、毎月3組の方に「レギュラーシーズン無料宿泊券」を差し上げております。


本社トップ
本社トップ


1994年設立

料金・時間など
IR情報
投資家向け
パブリシティ実績
紹介記事など
PR情報
プレス向け
求人情報
募集中
土地活用
遊休地募集
旅籠屋日記
社長の独り言
プレゼントクイズ
毎月実施中



チーム旅籠屋
ランニングチーム

鈴鹿8耐参戦記
鈴鹿8耐参戦記




 



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです





 

下記のクイズにご正解いただいた方の中から、毎月抽選で3名の方に
「ファミリーロッジ旅籠屋」の「レギュラーシーズン無料宿泊券」
プレゼントさせていただきます。
ふるってご応募ください。 すべての店舗でご利用いただけます。

当選者 発表

第426回プレゼントクイズの当選者は・・・
11月6日深夜に締切り、抽選をさせていただきました。
当選者は、次の方々です。

早川 様
千葉県・柏市
深沢 様山梨県・甲府市
西村 様大阪府・高槻市

さっそく「レギュラーシーズン無料宿泊券」を送らせていただきます。 
ご応募総数は167、正解は106でした。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

過去の当選者はをご覧ください。
前月の問題

第1問

「天高く馬肥ゆる秋」がやって来ました。秋晴れ、抜けるように空が高く、日本がいちばん美しい季節かも知れません。
雲ひとつない空を見上げると、吸い込まれるような気がしますよね。

さて、以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. 兵庫県北部にある竹田城は、別名・天空の城と呼ばれています。これからの季節、気象条件が整うと、美しい総石垣の城跡全体が雲海の上にポッカリと顔を出し、その幻想的な美しさは筆舌に尽くせません。この城はもともと土塀でしたが、これを総石垣に工事したのは、城主・赤松広秀でした。城主の赤松は、それまで龍野城の城主。龍野と竹田城には浅からぬ縁があるのです。そんな竹田城へ、「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」から遠征してみませんか。

B. 富山県の小矢部市は「散居村」で有名です。田んぼの中に家が点在するのが散居村。ありそうで、実はなかなかない風景なのです。とりわけ、冬の銀世界の散居村の風景は、この上ない美しさです。上空から見渡すなら、高さ118mのクロスランドタワーがお勧めです。展望室は高さ100m。円形の展望室で床がゆっくり回転しており、約10分で砺波平野を一巡できるタワーなのです。「ファミリーロッジ旅籠屋・小矢部店」から約4kmです。

C. 富士山を仰ぎ見る箱根の外輪山に昨年完成したのが、三島スカイウォークです。歩行者用の吊り橋として日本最長(実に400m)もの観光吊り橋で、橋の床は空気を素通しにするグレーチング構造なので、足元に下界がほの見えるという、高所恐怖症の人には決してお勧めできないスリル満点な吊り橋です。 「ファミリーロッジ旅籠屋・箱根仙石原店」から、見晴らしが最高の有料道路「芦ノ湖スカイライン」を経由して約22kmです。

D. 淡路島から四国に渡る大鳴門橋は二層式の橋で、下段は新幹線が走れるように建設されました。その後、明石大橋が鉄道を通せない構造で建設されてしまったため、近い将来に本州から淡路島を経由して四国に向かう鉄道の可能性は消えました。しかし大鳴門橋の下層部分を活用して、世界的に有名な渦潮を上空約45mから見下ろすための観光遊歩道「渦の道」が作られています。「ファミリーロッジ旅籠屋・鳴門駅前店」から約9.5kmです。

E. 瀬戸大橋を渡って四国に向かうと、右手にでっかいキンキラ金色に輝くタワーが目に入ります。その名もプレイパークゴールドタワー。高さ158mのタワーで、夜10時まで営業しているので、ライトアップされた瀬戸大橋のロマンチックな夜景を心ゆくまで楽しむことができます。「ファミリーロッジ旅籠屋・讃岐観音寺店」から約28kmです。

第2問

竹田城が雲海に浮かぶためには気象条件が整わなければなりません。
そこで、11月6日(日)から11月12日(土=チェックアウト)まで「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」の1室に6連泊し、気象条件が整わない時は姫路城や龍野城、赤穂城などの観光を楽しみながら、雲海の到来を待つことにしました。夫婦二人で連泊割引を適用します。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 40,000円   B. 41,000円   C. 42,000円   D. 43,000円   E. A〜Dのどれも違う

正 解

第1問

正解(まちがっているの)はBです。
クロスランドタワーの展望室は円形ですが、特に床が回転するわけではありません。

したがってBが正解です。

第2問

ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店は、11月6日から11日まで、いずれもレギュラーシーズンとなっています。大人2名ですので、8,000円×6泊=48,000円。連泊割引を5泊分適用するので▲5,000円が割引となり、結局、合計額は43,000円(消費税・別)となります。

したがってDが正解です。

今月(第427回)の問題

2つの問題について、5つの中から答えを1つ選び、その記号をお答えください

第1問

JRには「青春18きっぷ」というJR線の乗り放題乗車券があります。
1枚11,850円ですが、利用期間内の5日を自由に選んでJRの普通列車(快速等を含む)が乗り放題になるという乗車券で、1日あたり2,370円で楽しむことができるのです。ネーミングとは裏腹に、年齢条件を問いません。
発売されるのは、例年、春・夏・冬の3期間。学生の長期休暇で普通列車の需要が空きますが、それを埋める効果を狙っているのかも知れませんね。
今年の冬は、12月10日から翌年1月10日までが利用期間ですので、遠い地方への普通列車の旅を楽しんでみませんか。
そこで、青春18を使った旅行の中継泊の場所として使えそうな「ファミリーロッジ旅籠屋」のお店を調べてみました。

以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. 日本の大動脈・東海道本線。新居町駅は東京と大阪のほとんど中間地点です。新居町駅から1kmちょっとのところに「ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店」があります。駅を出て、線路沿いに浜松方面に国道1号線を歩くだけ。歩道も完備していますし、一本道なので迷う心配もありません。途中にコンビニやドラッグストアが数軒あるので、食料の調達にも事欠かない、青春18旅では外せない中継泊の聖地と言えそうな店舗です。

B. 中央本線は東京や名古屋から信州に向かう、心が踊るリゾート路線です。なかでも小淵沢駅は、清里や野辺山などの観光地に向かう小海線が分岐するターミナル駅。この駅のホームから新宿方面を見ると、すぐそこに「ファミリーロッジ旅籠屋・小淵沢店」が建っています。ただし駅の改札は線路の反対側なので、ぐるりと遠回りして線路を越える必要があり、すぐそこなのに歩くと5分ほど必要ですが、ここも青春18旅の中継泊の聖地と言えるお店です。

C. 一般的な鉄道旅行では、脇道に逸れると余分に往復の運賃が掛かります。なので途中の魅力的な小都市はスルーしがち。残念です。でも青春18旅なら、全線均一で乗り放題ですから、本線から離れた支線に中継泊を選んでも懐は痛みません。姫路駅から姫新線で約20分の本竜野駅で下車をして、歴史豊かな市内を約600m歩くだけで「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」に到着できます。姫路と本竜野の間はローカル線ですが本数も多く終列車も遅く、中継泊の狙い目ですよ。

D. 姫路からの姫新線と、岡山からの吉備線は、雰囲気がよく似た近郊路線です。岡山駅から約20分の備中高松駅で下車をして、国道180号線を西に向かって徒歩3分で「ファミリーロッジ旅籠屋・岡山店」があります。青春18旅ならではのゴキゲンな中継泊の穴場です。豊臣秀吉の「高松城・水攻め」の古戦場として有名な高松城は、店から歩いて10分弱の、朝飯前の散歩のコースです。高松城と言っても香川県の高松市にあるわけではありませんよ。

E. 岡山から四国に渡る瀬戸大橋線は、日本が世界に誇る多島海の瀬戸内海を、いくつもの長大橋で縦断する、息を呑むほどに美しいルートです。快速マリンライナーの高松方面の先頭4席だけはパノラマグリーンという名のグリーン席。グリーン券を追加で買えば乗車できるので、たった4席の特等席、ぜひとも狙ってみてください。四国では、その名も「ファミリーロッジ旅籠屋・鳴門駅前店」が鳴門駅のすぐ近くにあり、中継泊に最高ですよ。

第2問

青春18きっぷは、同じルートで旅を同行するカップルやグループなら、一枚で同時に使うことができます。 利用開始日の12月10日に冬の京都を目指して仙台から旅を始めた5人の仲良しが、途中に「ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店」で中継泊をすることになりました。1部屋に泊まり、エキストラベッドも頼みます。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 8,000円   B. 10,000円   C. 13,000円   D. 14,000円   E. A〜Dのどれも違う

ご応募フォーム
クイズのご応募はのページでお願いします。
メールアドレス・お名前・電話番号をお忘れなく。また、このホームページのご感想などを書き添えていただけると幸いです。その内容が抽選に影響することはありませんので、率直なご意見をどうぞ。
ご応募は1回1通のみ有効とさせていただきます。次回以降にまたご応募ください。
今回の締め切り

2016年12月4日深夜に締め切り、翌日に当選者(3名)のお名前を発表させていただきます。

ご利用方法
1.必ずご予約ください

当選された方には、ただちに「レギュラーシーズン無料宿泊券」を郵送させていただきますが、ご利用いただく場合はあらためてご予約のお申込みをお願いいたします。なお、「レギュラーシーズン無料宿泊券」はお知り合いの方にお譲りいただいても結構です。

2.ご利用可能日

「レギュラーシーズン無料宿泊券(レギュラールーム1室にご1泊)」のご利用は、2017年3月17日までレギュラーシーズン日に限らせていただきますのでご注意ください。
なお、レギュラーシーズン日は店舗によって異なりますので、のコーナーでご確認ください

3.ご利用可能人数

レギュラールームには、 クイーンサイズのベッド(幅154cm、ダブルベッドよりひとまわり大き目)が2台ございますので、ご家族などの場合、1室に4名様程度までお泊りいただけます。
4.諸費用

室料以外の費用(交通費・貸出販売料など)はご負担ください。
差額をご負担いただいてもレギュラーシーズン以外の日にご利用いただくことはできません
。ただし、差額をご負担いただいて部屋をセミスイートルームに変更いただくことは可能です。