正解者の中から、毎月3組の方に「レギュラーシーズン無料宿泊券」を差し上げております。


本社トップ
本社トップ


1994年設立

料金・時間など
IR情報
投資家向け
パブリシティ実績
紹介記事など
PR情報
プレス向け
求人情報
募集中
土地活用
遊休地募集
旅籠屋日記
社長の独り言
プレゼントクイズ
毎月実施中



チーム旅籠屋
ランニングチーム

鈴鹿8耐参戦記
鈴鹿8耐参戦記




 



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです





 

下記のクイズにご正解いただいた方の中から、毎月抽選で3名の方に
「ファミリーロッジ旅籠屋」の「レギュラーシーズン無料宿泊券」
プレゼントさせていただきます。
ふるってご応募ください。 すべての店舗でご利用いただけます。

当選者 発表

第423回プレゼントクイズの当選者は・・・
8月7日深夜に締切り、抽選をさせていただきました。
当選者は、次の方々です。

金子 様埼玉県・川口市
戸田 様東京都・江戸川区
貝塚 様栃木県・大田原市

さっそく「レギュラーシーズン無料宿泊券」を送らせていただきます。 
ご応募総数は120、正解は82でした。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

過去の当選者はをご覧ください。
前月の問題

第1問

最近、四国霊場八十八箇所の巡礼や熊野参りをはじめ、超長距離を二本の足で歩く、旅の原点というべき旅が流行っています。
庶民が旅を楽しめるようになったのは江戸時代。五街道を始めとする多くの街道も整備されました。日光街道や奥羽街道を北に向かった俳人の松尾芭蕉が記した「奥の細道」は有名ですよね。

さて、以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. 旅を始める前まで、松尾芭蕉は隅田川沿いに芭蕉庵を構えていたと言われています。
ファミリーロッジ旅籠屋」を経営・運営する旅籠屋の本社も数分歩けば隅田川という立地です。数百年前には芭蕉さんも本社のあたりを歩いていたかも知れませんね。ところで本社から約500mの日光街道沿いに、「浅草ホテル旅籠」という宿泊施設がありますが、ここは弊社・旅籠屋とは無関係のホテルです。

B. 松尾芭蕉は源平合戦で扇の的を射抜いたことで有名な那須与一を偲んで那須町の温泉神社を参拝し、朝廷にとりついた「九尾の狐」の伝説で有名な玉藻前の殺生石を訪ねています。火山ガスを噴出し、知らずに近づいた動物が死ぬことも希ではない殺生石は、那須の観光のハイライト。「ファミリーロッジ旅籠屋・那須店」から10km弱です。

C. 芭蕉は、那須を発ったあと、須賀川宿の豪商であり俳人でもあった相楽等躬宅に7泊8日、滞在しました。現在はNTT東日本のビルが建っており、当時の面影はありませんが、NTTビルの1階に「須賀川市芭蕉記念館」が開設され、貴重な掛け軸などの美術品を無料で鑑賞することができます。「ファミリーロッジ旅籠屋・須賀川店」から約4kmです。

D. 枕草子で有名な清少納言の愛人だった藤原実方は和歌の名人でしたが、陸奥に左遷され、笠島道祖神の呪いにより落命したといわれています。芭蕉はこの名人の足跡を訪ねて佐倍乃神社に参拝し、藤原実方の墓の前で「さくらより松は二木を三月越し」と詠みました。「ファミリーロッジ旅籠屋・仙台亘理店」から佐倍乃神社まで約10kmです。

E. 「奥の細道」という題名から、奥州・東北地方の旅行記だと勘違いしている人もいるようですが、実は芭蕉は平泉に参詣したあと、日本海側に進路を変え、日本海沿いを淡々と西に進み、最終地点は岐阜の大垣という、日本を半周する大旅行でした。途中陰暦7月13日には富山・滑川の荒町で川瀬屋という旅籠に泊まっています。跡地は小公園になっており、「ファミリーロッジ旅籠屋・黒部店」から約18kmです。

第2問

夫婦2人+小学生3人の5人家族で、8月22日(月)から8月25日(木=チェックアウト)まで「ファミリーロッジ旅籠屋・黒部店」に3連泊して、黒部渓谷や宇奈月温泉を楽しみたいと思います。
連泊割引を適用する予定で、エキストラベッドを頼みます。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 34,000円   B. 37,000円   C. 40,000円   D. 43,000円   E. A〜Dのどれも違う

正 解

第1問

正解(まちがっているの)はDです。
たしかに松尾芭蕉は藤原実方の墓に参拝しようとしたのですが、時は梅雨真っ盛り。ぬかるんだ道の状態が酷かったため、参拝をあきらめたという記述が「奥の細道」に記されています。
また「さくらより……」の句も、藤原実方の墓の前で詠んだのではなく、現在の竹駒神社にある名松「二木の松」を詠んだもので、これも誤りです。

したがってDが正解です。

第2問

ファミリーロッジ旅籠屋・黒部店」の8月22日から24日まで、いずれもレギュラーシーズンとなっています。大人2名+小学生3名ですので、11,000円×3泊=33,000円。エキストラベッドを3泊付けますので3,000円追加、連泊割引を2泊分適用するので▲2,000円が割引となり、結局、合計額は34,000円(消費税・別)となります。

したがってAが正解です。

今月(第424回)の問題

2つの問題について、5つの中から答えを1つ選び、その記号をお答えください

第1問

ファミリーロッジ旅籠屋」は、すべて株式会社旅籠屋の直営です。
旅籠屋の正社員である支配人(夫婦など)が住み込みで勤務しています。

フランチャイズ制や請負制ではありませんので、当然、支配人にも休暇があります。
しかし支配人が休暇でもお店を閉じることはできません。
そこで本社から、支配人が休日のお店に代理を派遣しています。
お仕事をリタイヤした夫妻などが第二の人生として旅を楽しみつつ、お休みの支配人のピンチヒッターを勤める制度があるのです。身分は旅籠屋の正社員。もちろん交通費も会社支給です。

サーフィンが大好きで、全国のサーフポイントを巡りながら代行業務にも従事している夫妻からの情報をもとに、今回のプレゼントクイズを作成しました。

以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. ファミリーロッジ旅籠屋・水戸大洗店」から約5kmの「大貫ポイント」と、すぐ隣の「つるかめポイント」は、広いビーチで設備も充実しており、とても便利なポイントです。東海岸なので大きな波を期待できるのも嬉しいところ。近くには三井プレミアムアウトレットや水族館などもあり、おいしいお寿司や魚料理の店も多く、家族でも楽しめるポイントです。

B. ファミリーロッジ旅籠屋・千葉勝浦店」から約7kmの「御宿ポイント」は、海岸線にリゾートマンションが立ち並び、まるで海外のビーチリゾートのようです。ファミリーの海水浴にも向いていますが、千葉の外房こそは日本でも一二を争うサーフィンのメッカでもあります。海で遊んで疲れたら、B-1グランプリで優勝した「勝浦タンタンメン」を食べる。最高の人生ですね。

C. 鳥取市の井手ヶ浜海岸は「鳴り砂の浜」として知られています。浜を歩いてキュッキュッと音が鳴るのは、砂がほんとうにきれいな証拠です。「ファミリーロッジ旅籠屋・鳥取倉吉店」から約15km。海水浴にも最適ですよ。井手ヶ浜海岸の東隣には、代行支配人お勧めのサーフポイント「青谷ポイント」があります。山陰海岸ジオパークエリアでロケーションも良く、起伏に富んだ海岸線や海の青さなどが最高です。

D. 高知県の東の端、「ファミリーロッジ旅籠屋・室戸店」から快適な国道55号線を約34km走ったところに、サーフィン専用の「生見サーフポイント」があります。波がコンスタントに来るのでサーフィンに最適。海から上がっても、ビーチ沿いにホテルやBBQレストランなど、リゾート的な雰囲気の良いお店も多く、代行支配人イチオシのサーフポイントです。

E. ファミリーロッジ旅籠屋・北九州八幡店」から約7kmの岩屋ポイントもお勧めです。特に秋から冬のシーズンには北風に乗って大きな波が押し寄せるため、サーファーには最高のポイントなのです。すぐ横の岩屋漁港には新鮮な魚介を食べられる店があり、岬の先端の「かんぽの宿」の露天風呂から見下ろす玄海灘の夕日も最高です。

第2問

サーフィンが大好きな夫婦2人で、9月11日(日)から9月17日(土=チェックアウト)まで「ファミリーロッジ旅籠屋・鳥取倉吉店」に6連泊して、ビッグウェーブを待ちながら、波が穏やかな日には観光も楽しみたいと思っています。
連泊割引を適用する予定です。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 42,000円    B. 43,000円    C. 44,000円    D. 45,000円    E. A〜Dのどれも違う。

ご応募フォーム
クイズのご応募はのページでお願いします。
メールアドレス・お名前・電話番号をお忘れなく。また、このホームページのご感想などを書き添えていただけると幸いです。その内容が抽選に影響することはありませんので、率直なご意見をどうぞ。
ご応募は1回1通のみ有効とさせていただきます。次回以降にまたご応募ください。
今回の締め切り

2016年9月4日深夜に締め切り、翌日に当選者(3名)のお名前を発表させていただきます。

ご利用方法
1.必ずご予約ください

当選された方には、ただちに「レギュラーシーズン無料宿泊券」を郵送させていただきますが、ご利用いただく場合はあらためてご予約のお申込みをお願いいたします。なお、「レギュラーシーズン無料宿泊券」はお知り合いの方にお譲りいただいても結構です。

2.ご利用可能日

「レギュラーシーズン無料宿泊券(レギュラールーム1室にご1泊)」のご利用は、2016年12月22日までレギュラーシーズン日に限らせていただきますのでご注意ください。
なお、レギュラーシーズン日は店舗によって異なりますので、のコーナーでご確認ください

3.ご利用可能人数

レギュラールームには、 クイーンサイズのベッド(幅154cm、ダブルベッドよりひとまわり大き目)が2台ございますので、ご家族などの場合、1室に4名様程度までお泊りいただけます。
4.諸費用

室料以外の費用(交通費・貸出販売料など)はご負担ください。
差額をご負担いただいてもレギュラーシーズン以外の日にご利用いただくことはできません
。ただし、差額をご負担いただいて部屋をセミスイートルームに変更いただくことは可能です。