正解者の中から、毎月3組の方に「レギュラーシーズン無料宿泊券」を差し上げております。


本社トップ
本社トップ


1994年設立

料金・時間など
IR情報
投資家向け
パブリシティ実績
紹介記事など
PR情報
プレス向け
求人情報
募集中
土地活用
遊休地募集
旅籠屋日記
社長の独り言
プレゼントクイズ
毎月実施中



チーム旅籠屋
ランニングチーム

鈴鹿8耐参戦記
鈴鹿8耐参戦記




 



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです





 

下記のクイズにご正解いただいた方の中から、毎月抽選で3名の方に
「ファミリーロッジ旅籠屋」の「レギュラーシーズン無料宿泊券」
プレゼントさせていただきます。
ふるってご応募ください。 すべての店舗でご利用いただけます。

当選者 発表

第438回プレゼントクイズの当選者は・・・
11月5日深夜に締切り、抽選をさせていただきました。
当選者は、次の方々です。

上中 様
(千葉県・船橋市
藤田 様(長野県・上田市
濱田 様大阪府・高槻市

さっそく「レギュラーシーズン無料宿泊券」を送らせていただきます。 
ご応募総数は209、正解は66でした。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

過去の当選者はをご覧ください。
前月の問題

第1問

「ファミリーロッジ旅籠屋」の予約受付開始は、宿泊日の3か月前からとなっています。
ということは、今頃、年末年始の計画に思いを巡らしている方も多いことでしょう。

今では、夏休みと並ぶ行楽シーズンとなった年末年始ですが、
この時期ならではのイベントと言えば、
新年を迎える瞬間を大勢の人たちで祝う「カウントダウン・イベント」です。

若者向けの音楽フェスから一大ブームとなったカウントダウン・イベントですが、
いまでは子どもやご高齢の方も参加できるものまで、各地で多彩な企画が行われるようになってきました。

今回は、そんな「カウントダウン・イベント」をめぐっての問題です。
以下の中にひとつだけ、間違った記述を含むものがあります。それはどれでしょう。

A. この10月6日に「ファミリーロッジ旅籠屋・境港店」がオープン。
境港と言えば水木しげるロードをはじめとした妖怪の町として人気ですが、
まさに「妖怪神社」にてカウントダウン・イベントが開催されます。
その名も「妖怪神社 護摩供養」。
一体どんな儀式なのか? 好奇心と恐怖心の両方がそそられますが、
新年のお札やお餅などのプレゼントもあるようです(数量限定)。

「ファミリーロッジ旅籠屋・境港店」から妖怪神社まではおよそ2km。
車でおよそ6分、歩いても20分強の距離です。

B. 今では各地で開催されている音楽のカウントダウン・フェスティバルですが、
特に大きな規模を誇るのが、千葉県の幕張メッセで開催される「カウントダウン・ジャパン」です。
毎年12月28日から大晦日まで4日間に渡り(最終日はオールナイト)
200組近いアーティストが参加するこのイベントも、この年末の開催で実に14回目になります。

幕張メッセまでは「ファミリーロッジ旅籠屋・東京新木場店」からおよそ24km。
首都高速と東関東道を利用すれば車でおよそ25分です。

C. 山口県下関市の海響館は、イルカやペンギンなど
海に住む生物たちと直接触れ合うことができる話題のスポットです。
中でも人気なのがイルカショーですが、カウントダウンの瞬間は、
この時限定の特別なアトラクションを披露することで一層注目を集めています。
もちろん2017年末も開催が予定されているので、動物ファンの方々は期待していいようです。

「ファミリーロッジ旅籠屋・壇之浦PA店」から海響館まではおよそ2km。
車でおよそ6分、歩いても20分強の距離です。

D. カウントダウン・イベントは当然ですが開催時刻が深夜になるので、
小さな子どもたちには参加が難しいものと思われていました。
そこを克服(?)したのが、静岡県の浜名湖畔で行われる「ちびっこカウントダウン」です。
実は、カウントダウン時刻が12月31日の「昼の12時」というフライングの企画なのですが、
12時を迎えると同時に放たれるたくさんのジェット風船が圧巻なほか、
これまたちょっと早めにふるまわれる「お年玉」が子どもたちに人気です。

会場となる「浜名湖パルパル」は「ファミリーロッジ旅籠屋・浜名湖店」からおよそ14km、
車でおよそ20分の距離です。

E. 華々しいイベントではなく、年越しの瞬間は静かに厳かに迎えたいという方も、
沢山いらっしゃることでしょう。
そこで注目したいのが、日本3名園のひとつ、金沢・兼六園の大晦日から元旦にかけての無料開放です。
この日しか体験できない、闇と静寂に包まれた園内を
「雪吊り」を見ながらじっくりと歩くのもいいかもしれません。

兼六園は「ファミリーロッジ旅籠屋・金沢内灘店」からおよそ11km、車でおよそ25分の距離です。

第2問

新たにオープンした「ファミリーロッジ旅籠屋・境港店」を早速体験しようと、
お父さんが家族そろっての新年の初詣を「妖怪神社」で行うことを決めました。
両親そして7歳と4歳の二人の息子さん、合計4人で2017年12月31日(日)の大晦日に1室にチェックインし、
2泊した後、2018年1月2日(火)の朝にチェックアウトします。
連泊割引を利用しますが、エキストラベッドは利用しません。

合計の宿泊料(消費税・別)は、いくらになるでしょう。

A. 25,000円  B. 27,000円  C. 29,000円  D. 31,000円  E. A〜Dのどれも違う。

正 解

第1問

正解(まちがいを含むもの)は B です。

「カウントダウン・ジャパン」の第1回は2003年末ですので、2017年末は15回目となります。

第2問

正解は B です。

「ファミリーロッジ旅籠屋・境港店」は、2017年12月29日から2018年1月3日までが
トップシーズンとなっています。

4人家族ですが小さいお子さんが4歳なので、5歳以下無料のルールが適用され、
有料人数3名=1泊あたり14,000円ということになります。
14,000円×2泊に連泊割引1泊分(▲1,000円)がマイナスとなり、合計額は27,000円(消費税・別)となります。

今月(第439回)の問題
2つの問題について、5つの中から答えを1つ選び、その記号をお答えください

第1問

11月に入って、すっかり日が短くなりましたね。
日没時刻も随分と早くなりました。

こんな時こそ、美しい夕景をじっくりと楽しむのもいいかもしれません。
海に沈む太陽や文化財とともに眺める夕陽など、
全国各地から選ばれた「夕陽百選」の中から、特にユニークなものを選んでみましょう。

さて、次に挙げた5つの夕陽について、間違った記述を含むものがひとつだけあります。
それはどれでしょう。

A. 黒部海岸生地浜(富山県)

富山湾に面した黒部市の生地浜(いくじはま)には砲台場跡や灯台があり、
湾の彼方に浮かぶ能登半島をシルエットにした夕陽を見ることができます。
冬に行われる、昔ながらの地曳網漁での漁師たちの活気ある姿も見ものですよ。

生地浜までは「ファミリーロッジ旅籠屋・黒部店」からおよそ3km、車でおよそ10分です。

B. 御前崎(静岡県)

太平洋側でも、海に大きく突き出した御前崎では西方に海へ沈む夕陽を見ることができます。
灯台周辺は県立自然公園に指定されており「地球が丸く見える台」という展望台も用意されています。

御前崎灯台までは「ファミリーロッジ旅籠屋・静岡牧之原店」からおよそ21km、車でおよそ37分です。

C. びわ湖岸道路(滋賀県)

琵琶湖の東岸沿いに走るこの道路は、対岸までの幅が広くなった部分を通るので、
夕陽が湖面いっぱいに映し出される雄大な景色を味わうことができます。

びわ湖岸道路沿いの柳川緑地までは「ファミリーロッジ旅籠屋・彦根店」からおよそ8km、
車でおよそ12分の距離です。

D. 姫路市立美術館(兵庫県)

世界遺産に指定されている姫路城を真西に仰ぐ姫路市立美術館。
ここの前庭から西方を眺めると、美術館の建物の屋根越しに姫路城の天守閣がそびえ建っており、
その城に沿うように沈んでいく夕陽を眺めることができます。

姫路市立美術館までは「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」からおよそ17km、車でおよそ30分です。

E. 屋島(香川県)

屋島は四国から瀬戸内海に突き出た半島形の熔岩台地。
山上の展望台からは女木島(めぎじま)の向こうの水平線へ沈む夕陽だけでなく、
瀬戸内海を行き交う大小の船舶や讃岐平野も一望できます。

屋島展望台までは「ファミリーロッジ旅籠屋・高松店」からおよそ15km、
車なら屋島ドライブウェイ経由でおよそ30分です。

第2問

風向きによって刻々と変化する風紋越しに沈む夕陽を楽しもうと、
職場の仲良しグループ5人が、11月末に鳥取砂丘への2泊3日の旅行を計画中です。
「ファミリーロッジ旅籠屋・鳥取倉吉店」に、11月28日(火)にチェックインし、
30日(木)の朝にチェックアウトすることにしました。
エキストラベッドを加えて1部屋に5人で泊まることとし、連泊割引を適用します。
この場合の料金(税抜)は、いくらになるでしょう。

A. 21,000円  B. 22,000円  C. 23,000円  D. 25,000円  E. A〜Dいずれも正解ではない。

ご応募フォーム
クイズのご応募はのページでお願いします。
メールアドレス・お名前・電話番号をお忘れなく。
また、このホームページのご感想などを書き添えていただけると幸いです。
その内容が抽選に影響することはありませんので、率直なご意見をどうぞ。
ご応募は1回1通のみ有効とさせていただきます。次回以降にまたご応募ください。
今回の締め切り

2017年12月3日深夜に締め切り、翌日に当選者(3名)のお名前を発表させていただきます。

ご利用方法
1.必ずご予約ください

当選された方には、ただちに「レギュラーシーズン無料宿泊券」を郵送させていただきますが、
ご利用いただく場合はあらためてご予約のお申込みをお願いいたします。
なお、「レギュラーシーズン無料宿泊券」はお知り合いの方にお譲りいただいても結構です。

2.ご利用可能日

「レギュラーシーズン無料宿泊券(レギュラールーム1室にご1泊)」のご利用は、
2017年12月22日まで、および2018年1月4日〜4月20日
レギュラーシーズン日に限らせていただきますのでご注意ください。
なお、レギュラーシーズン日は店舗によって異なりますので、のコーナーでご確認ください

3.ご利用可能人数

レギュラールームには、 クイーンサイズのベッド(幅154cm、ダブルベッドよりひとまわり大き目)が2台ございますので、
ご家族などの場合、1室に4名様程度までお泊りいただけます。
4.諸費用

室料以外の費用(交通費・貸出販売料など)はご負担ください。
差額をご負担いただいてもレギュラーシーズン以外の日にご利用いただくことはできません

ただし、差額をご負担いただいて部屋をセミスイートルームに変更いただくことは可能です。