正解者の中から、毎月3組の方に「レギュラーシーズン無料宿泊券」を差し上げております。


本社トップ
本社トップ


1994年設立

料金・時間など
IR情報
投資家向け
パブリシティ実績
紹介記事など
PR情報
プレス向け
求人情報
募集中
土地活用
遊休地募集
旅籠屋日記
社長の独り言
プレゼントクイズ
毎月実施中



チーム旅籠屋
ランニングチーム

鈴鹿8耐参戦記
鈴鹿8耐参戦記




 



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです





 

下記のクイズにご正解いただいた方の中から、毎月抽選で3名の方に
「ファミリーロッジ旅籠屋」の「レギュラーシーズン無料宿泊券」
プレゼントさせていただきます。
ふるってご応募ください。 すべての店舗でご利用いただけます。

当選者 発表

第436回プレゼントクイズの当選者は・・・
9月3日深夜に締切り、抽選をさせていただきました。
当選者は、次の方々です。

阿部 様
(東京都・町田市
福島 様兵庫県・西宮市
佐藤 様熊本市・東区

さっそく「レギュラーシーズン無料宿泊券」を送らせていただきます。 
ご応募総数は201、正解は52でした。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

過去の当選者はをご覧ください。
前月の問題

第1問

暑い夏休み、高原に涼しさを求めて旅行する人も少なくないでしょう。
ただ、お天気ばかりはどうにもならないもの。予約していた日に雲がたち込めていることもありますよね。
そんな時は発想を転換してロープウェイなどで上空に登ってみると、いままで目の前にあった雲が切れ、
快晴の空の下、足元には雲海が広がるという絶好の風景を楽しむことができるかも知れません。
山岳のカフェテラスで楽しんでみませんか。

さて、以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. その名もSORAterrace(ソラテラス)。長野県の竜王ロープウェーで一気に北志賀高原に駆け上り、山頂駅を出てすぐ、標高1770mの地点にカフェテラスが待っています。運がよければ、諏訪盆地に溜まった分厚い雲海越しに北アルプスの山々を遠望しながら、涼しい高原の空気の中、優雅にコーヒーを楽しめるかも知れませんよ。「ファミリーロッジ旅籠屋・軽井沢店」から高速道路を使って山麓駅まで約100kmです。

B. 蓼科の北八ヶ岳ロープウェイの山頂駅に隣接しているのが、その名も「山のカフェ2237」です。夏でも冷涼な標高2237mのオープンエアのテラスで、温かいコーヒーをいただきながら、遥かに南アルプス、中央アルプス、北アルプスのそれぞれが遠望できます。この夏オープンしたばかりの「ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店」から山麓駅まで約17kmです。

C. 清里エリアでもっとも高い標高1900mにある清里テラスCafeは、ふもとからパノラマリフトで一気に登った清里展望台のすぐ近くにあります。なかでも予約制のプレミアムシートは、屋外に置かれたベットのようなソファが特徴。非日常のなかで、とびっきりの経験を楽しむことができるでしょう。視界を遮るものはなく、はるか富士山まで望めます。サンメドウズ清里スキー場のパノラマリフト乗り場へは、「ファミリーロッジ旅籠屋・小淵沢店」から約20km、「ファミリーロッジ旅籠屋・韮崎店」からは約26kmです。

D. 琵琶湖の西岸に険しくそそり立つ比良山地のなかほど、標高1174mの蓬莱山の山頂付近にあるのがびわ湖テラスです。昨年開業したばかりですが、琵琶湖の全景を目の前にして、おどろくほどの贅沢な空間に癒されるオープンエアのカフェなのです。びわ湖バレイロープウェイで山麓駅から約5分で到着できる、これこそまさに天国です。「ファミリーロッジ旅籠屋・彦根店」から山麓駅まで約49kmです。

E. 四国霊場第66番札所の雲辺寺は、「ファミリーロッジ旅籠屋・讃岐観音寺店」からわずか12km弱しか離れていません。しかし標高約900mの山岳にあり、昔のお遍路さんには試練だったことでしょう。今ではロープウェイで標高差657mを一気に登れます。山頂駅のすぐ近くにはスキー場があり、夏はゆり園として営業していますが、冬の営業日には、美しい夕日に映える三豊平野と瀬戸内海、そして瀬戸大橋の雄大な光景を楽しめます。カフェはありませんが、レストラン「センターハウス」からも景色を楽しむことができ、スキーヤーに混じってお遍路さんが食事をしている珍風景が見られるかも知れませんよ。

第2問

夏休みが終わっても、まだまだ暑い日々が続きます。
そこで、信州の高原リゾートで、家族とリッチな休日の思い出を作ろうと思います。
「ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店」に9月16日(土曜日)チェックイン、9月18日(月曜日=祝日)チェックアウト、
大人2名と小学生2名で泊まります。
エキストラベッドは使用しませんが、連泊割引を適用します。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 26,000円   B. 27,000円   C. 28,000円   D. 29,000円   E. A〜Dのどれも違う。

正 解

第1問

正解(まちがっているの)は A です。

SORAterraceがあるのは北信州地区。ここから諏訪地方へは100kmほども離れていますし、
間にいくつもの高い山々が邪魔をするので、諏訪盆地は見えません。

したがって A が正解です。

第2問

「ファミリーロッジ旅籠屋・茅野蓼科店」は、9月16日から17日まで、いずれもトップシーズンとなっています。
大人2名と子供2名ですので、15,000円×2泊=30,000円。
連泊割引を1泊分適用するので▲1,000円が割引となり、結局、合計額は29,000円(消費税・別)となります。

したがって D が正解です。

今月(第437回)の問題
2つの問題について、5つの中から答えを1つ選び、その記号をお答えください

第1問

9月、10月、11月と、今年の秋には、3連休が毎月1回ずつやって来ます。
3連休にドライブ旅行に出かけると、最終日の高速道路の渋滞が体に辛いですよね。
みんなが帰宅の渋滞を避けようと同じことを考えるので、最終日には、お昼ぐらいから帰宅の車が増え、
結局、渋滞は深夜まで続くことが多いようです。
おかげで、人気のレストランや観光施設でも、最終日の午後にはそれまでの混雑がウソのようにガラ空きになります。

そこで、ファミリーロッジ旅籠屋を活用し、多くの人たちの裏をかいて、
スマートに連休の「時差旅行」を楽しんでみませんか。
連休最終日の夜まで連泊を延ばし、最終日の午後から夜まで観光地をたっぷり堪能したあと、
お部屋で早めに寝てしまうのです。
連休翌朝の夜明け前にチェックアウトすれば、渋滞のストレスもありません。
この方法。宿泊料金前払い方式で、
鍵をボックスに返すだけで早朝にチェックアウトできるファミリーロッジ旅籠屋ならではの連休の楽しみ方といえるでしょう。
連休最終日の料金をレギュラーシーズンに設定しているお店も多いですから、「時差旅行」は、一層、効果的ですよ。

さて、以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. 高速道路のインターの目の前にファミリーロッジ旅籠屋があれば、「時差旅行」に便利ですよね。陶磁器で有名な、美濃焼・織部焼の里、土岐市。中央道の土岐ICを出てすぐ(約200m)のところに「ファミリーロッジ旅籠屋・土岐店」があります。連休の中央道は大渋滞するので、「時差旅行」がもっとも効果的なお店なのかも知れません。

B. 関越道の連休の渋滞のメッカは東松山ICや高坂SAから赤城高原SAまでの区間です。30数km程度の渋滞は日常茶飯事。酷い時には100kmも渋滞がつながることさえあります。連休最終日の夕方には、沼田IC周辺の一般道まで大渋滞しがち。尾瀬方面の高原を楽しんだあとは、「ファミリーロッジ旅籠屋・沼田店」で「時差旅行」してしまうのが賢い方法でしょう。沼田ICまで約2kmですよ。

C. 連休の東北道・那須IC周辺の一般道の、ほとんど車が流れない大渋滞は有名ですよね。那須町役場でも、渋滞回避のために那須ICを避け、那須高原スマートICを目指すよう推薦しています。しかし最終日の午前中、まだ渋滞しないうちにインター付近の観光地に出かけ、一日遊んだあと、渋滞車列の反対側を「ファミリーロッジ旅籠屋・那須店」にスイスイ戻って「時差旅行」してしまうほうが、よっぽどスマートな遊び方です。

D. 上信越道の軽井沢ICから旧軽井沢を結ぶ、通称「プリンス通り」も、有名な大渋滞ポイントです。旧軽井沢やショッピングモールの駐車場のキャパをはるかに超える車が押し寄せるので、ある意味、当然なのかも知れません。「ファミリーロッジ旅籠屋・軽井沢店」に行くなら、佐久スマートICで下車し、渋滞しがちな国道18号線を避けるのがコツ。ナビを使えば裏道が出てきますよ。また、帰宅は「時差旅行作戦」の勝利でしょう。大渋滞の関越道やプリンス通りも、未明には嘘のようにスイスイ帰れますよ。

E. 中国地方から大阪・京都方面に戻ろうとすると、山陽道と中国道からの車が古くて狭い中国道に集中し、とりわけ神戸三田ICから吹田JCTまでの一帯が渋滞のメッカになっています。「ファミリーロッジ旅籠屋・津山店」は中国道の院庄ICからわずか300mで、特に中国道の岡山県以西の区間は空いていますから、「時差旅行」を楽しむ拠点としてベストです。もっとも来年春までには新名神高速も全線開通しますので、それまでの辛抱なのかも知れませんが。

第2問

連休にしか家族と遊べないお父さんが、中学生のお子さん1人とお母さんの3人で、秋色が美しい軽井沢で遊ぼうと思います。
そこで、連休の渋滞を避けるため、時差旅行を計画しました。
「ファミリーロッジ旅籠屋・軽井沢店」に10月7日(土曜日)チェックイン、10月10日(火曜日)の未明にチェックアウトの予定で、大人2名と中学生1名で泊まります。エキストラベッドは使用しませんが、連泊割引を適用します。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 34,000円   B. 35,000円   C. 36,000円   D. 38,000円   E. A〜Dのどれも違う。

ご応募フォーム
クイズのご応募はのページでお願いします。
メールアドレス・お名前・電話番号をお忘れなく。また、このホームページのご感想などを書き添えていただけると幸いです。その内容が抽選に影響することはありませんので、率直なご意見をどうぞ。
ご応募は1回1通のみ有効とさせていただきます。次回以降にまたご応募ください。
今回の締め切り

2017年10月1日深夜に締め切り、翌日に当選者(3名)のお名前を発表させていただきます。

ご利用方法
1.必ずご予約ください

当選された方には、ただちに「レギュラーシーズン無料宿泊券」を郵送させていただきますが、ご利用いただく場合はあらためてご予約のお申込みをお願いいたします。なお、「レギュラーシーズン無料宿泊券」はお知り合いの方にお譲りいただいても結構です。

2.ご利用可能日

「レギュラーシーズン無料宿泊券(レギュラールーム1室にご1泊)」のご利用は、2017年12月22日までレギュラーシーズン日に限らせていただきますのでご注意ください。
なお、レギュラーシーズン日は店舗によって異なりますので、のコーナーでご確認ください

3.ご利用可能人数

レギュラールームには、 クイーンサイズのベッド(幅154cm、ダブルベッドよりひとまわり大き目)が2台ございますので、ご家族などの場合、1室に4名様程度までお泊りいただけます。
4.諸費用

室料以外の費用(交通費・貸出販売料など)はご負担ください。
差額をご負担いただいてもレギュラーシーズン以外の日にご利用いただくことはできません
。ただし、差額をご負担いただいて部屋をセミスイートルームに変更いただくことは可能です。