正解者の中から、毎月3組の方に「レギュラーシーズン無料宿泊券」を差し上げております。


本社トップ
本社トップ


1994年設立

料金・時間など
IR情報
投資家向け
パブリシティ実績
紹介記事など
PR情報
プレス向け
求人情報
募集中
土地活用
遊休地募集
旅籠屋日記
社長の独り言
プレゼントクイズ
毎月実施中



チーム旅籠屋
ランニングチーム

鈴鹿8耐参戦記
鈴鹿8耐参戦記




 



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです





 

下記のクイズにご正解いただいた方の中から、毎月抽選で3名の方に
「ファミリーロッジ旅籠屋」の「レギュラーシーズン無料宿泊券」
プレゼントさせていただきます。
ふるってご応募ください。 すべての店舗でご利用いただけます。

当選者 発表

第431回プレゼントクイズの当選者は・・・
4月2日深夜に締切り、抽選をさせていただきました。
当選者は、次の方々です。

伊藤 様
茨城県・つくば市
石森 様広島市・南区
金子 様さいたま市・北区

さっそく「レギュラーシーズン無料宿泊券」を送らせていただきます。 
ご応募総数は213、正解は71でした。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

過去の当選者はをご覧ください。
前月の問題

第1問

四国のほぼ中央部にある愛媛県新居浜市にある「別子(べっし)銅山」は、世界最大級の銅鉱山として知られ、
280年間にわたって住友財閥を潤してきました。
閉山となった現在でも、新居浜市の瀬戸内沿いには住友グループ各社の巨大工場が軒を並べています。
住友グループのお膝元というべき都市ですね。
四国三大祭りのひとつ「新居浜太鼓祭り」は「ケンカ祭り」ともよばれ、
新居浜出身なら正月には帰らなくとも祭りには必ず帰省すると言われるほどに愛されています。

さて、以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. 旧国鉄(現在のJR四国・予讃線)の開通より約30年も前に、すでに新居浜には鉄道が走っていました。「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」のすぐ西にある遊歩道こそ、別子銅山と新居浜港を結ぶ「住友金属鉱山・別子鉱山鉄道(下部鉄道)」の線路跡なのです。昭和初期には電化され、銅鉱石の貨物輸送だけでなく、多くの乗客が通勤通学に利用していた下部鉄道。現存していたなら、さしずめ新居浜店は「多喜ノ宮駅」の駅近ホテルだったことになるわけです。廃線跡の歴史をたどってみませんか。

B. 別子銅山の上級幹部のための高級社宅街として昭和初期に開発されたのが山田住宅でした。立派な生け垣のある広い庭付き一戸建てが立ち並ぶ高級住宅地は、当時、多くの人の憧れだったことでしょう。立派な近代和風の住宅や、外国人技術者のための洋館などが、ひっそりと緑のなかにうずくまる小道を散歩してみませんか。例年11月には企画展も開催されていますので、当時の豊かな香りに浸ってみるのも良いですね。「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」から約2kmです。

C. 「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」から歩いて1分の「滝の宮公園」は、サクラと紅葉の名所として知られる自然豊かな公園で、地元の学校の遠足の定番の目的地となっています。800年近く昔に築かれた城(金子城)の跡地を含む一帯です。豊臣秀吉配下の小早川隆景に攻め落とされ、仏門に入った金子対馬守元春が江戸時代に城跡付近に再建した慈眼寺は、回遊式庭園がとりわけ素敵で見逃すことはできませんよ。公園には動物園も併設され、池では鯉や白鳥を見ることもできる、のんびり癒される公園です。

D. 世界一巨大なプラネタリウムがあるのも、ここ新居浜市です。「愛媛県総合科学博物館」のプラネタリウムは、ドーム直径30mで、文句なく世界最大。定員約300名を収容し、約65万個の恒星を投影できるこの施設も、住友グループの全額寄付によって建てられたものなのです。ドームスクリーン全体を活用した迫力満点のプログラムを、大人510円で楽しめる。これはちょっと見逃せませんね。「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」から約7kmです。

E. 「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」から約7kmの「マイントピア別子・端出場(はでば)ゾーン」は、世界遺産への登録を目指す別子銅山のテーマパークです。鉱山鉄道や観光坑道など、楽しみもいっぱい。温泉も豊富で日帰り温泉「天空の湯」も整備されており、昨年夏からは、温泉水を活用して高級魚トラフグの養殖も開始しています。また標高750m前後の山の中にたたずむ「マイントピア別子・東平(とうなる)ゾーン」は数多くの遺跡や資料館が保存され、東洋のマチュピチュの異名を持つ秘境です。

第2問

人よりも一歩先を行くことが大好きなご夫婦が「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」に泊まり、
日本有数の産業遺跡が世界遺産に登録される前に、別子銅山と住友財閥関係の史跡を探検しようと計画しています。
旅行もゴールデンウィークの一足前で、いちばんオトクな4月27日(木)から29日(土・祝=チェックアウト)を狙い、
もちろん連泊割引を適用します。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 13,000円   B. 14,000円   C. 15,000円   D. 16,000円   E. A〜Dのどれも違う。

正 解

第1問

正解(まちがっているの)はDです。
愛媛県総合科学博物館のプラネタリウムのドームは、2010年までは世界最大でしたが、
その後、直径35mのドームが名古屋市科学館に作られたため、今では世界第2位の施設ということになりました。
また住友グループの全額寄付によって建設されたわけでもありません。

したがってDが正解です。

第2問

「ファミリーロッジ旅籠屋・新居浜店」では4月27日から28日まで、いずれもレギュラーシーズンとなっています。
大人2名ですので、8,000円×2泊=16,000円。連泊割引を1泊分適用するので▲1,000円が割引となり、
結局、合計額は15,000円(消費税・別)となります。

したがってCが正解です。

今月(第432回)の問題

2つの問題について、5つの中から答えを1つ選び、その記号をお答えください

第1問

まもなくゴールデンウィークです。
今年は前半の昭和の日が連休に絡まず、事実上5月3日から7日までの5連休に過ぎないので、
海外旅行に行かずに国内を再発見しようと思った家族も少なくないと思います。
国内旅行だけどSNS仲間に自慢できる、そんな旅にうってつけなのが、
日本のあちこちに存在している、いわゆるB級テーマパークです。
ふだんは目に留めなかったかもしれないけど、行ってみれば楽しめる、そんなテーマパークについて調べてみました。

さて、以下の中に一つだけ間違いがあります。それはどれでしょう。

A. 「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」は姫路城へ約17km、龍野城へは2km弱ですので、「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」に泊まり、お城巡りを楽しむ家族も少なくないと思います。ですが、ノイシュバンシュタイン城へも車で約11kmだということは知られていません。太陽公園というテーマパークで、ノイシュバンシュタイン城を(外見だけですが)そっくりに模した、巨大な「白鳥城」が目を惹きます。巨大も巨大。面積で言えば姫路城よりも大きいお城なのです。お城の中はトリックアート館などになっていて、家族でワイワイ楽しめる施設です。太陽公園の広い敷地内には世界の有名観光地が再現されていて、とりわけ中国の兵馬俑は本物と見紛うばかりの素晴らしい出来ばえです。公園内で家族が丸一日遊べるテーマパーク、これは知らなかったですねぇ。

B. 「ファミリーロッジ旅籠屋・前橋南店」から車で約9kmの伊勢崎市・華蔵寺公園は、入場無料の市営のテーマパークです。本格的な水上ジェットコースター(大人350円)をはじめとする遊具が充実していて値段も驚くほど安いので、休日の気軽なピクニックの目的地として人気です。近隣の工場地帯で働く外国人ファミリーも数多く訪れていて、どこか異国風の休日風景を楽しめますよ。市内の大泉町には5,000人とも言われるブラジル人が住んでおり、ブラジル人向けの商店やレストランが何軒も並んでいます。おなかがすいたら大泉町でブラジル人が日常的に食べている本物のブラジル料理を楽しんで、パスポートのいらない海外旅行気分を味わってみませんか。

C. 日本最大の中国庭園である燕趙園(えんちょうえん)は、鳥取県の東郷湖畔にあるテーマパークです。中国で仮組をした資材を輸入して、中国の職人が組み上げたという本格的なテーマパーク。イベントとしては中国雑技団のステージぐらいですが、それなりに見応えがあり、入場料が500円と格安なので、これからの季節、レンタルのチャイナドレスに着替えて中国の貴族や映画スターを気取って写真を撮るのがお勧めです。「ファミリーロッジ旅籠屋・鳥取倉吉店」から約2km。隣接して東郷温泉「龍鳳閣」がありますが、一般的な温泉とは違い、大部分のエリアが水着着用で混浴なので、家族いっしょにのんびり楽しめる点がお勧めです。露天風呂に入りながら東郷湖に沈む夕日を眺めるのも乙なものですよ。

D. 運動靴は必須、ヘルメットも入口で貸出中、バリアフリー精神のかけらも見当たらない公園があります。「ファミリーロッジ旅籠屋・桑名長島店」から約34kmにある、モダンアートの芸術家が作った公園、それが養老天命反転地です。床がいつのまにか壁になっている不可思議な建物や、平坦な部分がまるでない緑地など、来場者の常識や平衡感覚が根底から崩されます。小さい子供はキャッキャと楽しそうですが、擦り傷必至なので、覚悟が必要。不安感や錯覚や非日常や、危険の数々を味わうための現代芸術施設なのです。

E. 「ファミリーロッジ旅籠屋・伊賀店」は、名前からして伊賀忍者の地元なのかと思いきや、実は伊賀忍者のライバル甲賀忍者の里からもそれほど遠くない立地だったのです。甲賀忍者の忍術の実技を学ぶことができる「甲賀の里忍術村」は、伊賀店から車で約13km。忍者服に着替えたら、忍者屋敷と周囲の森の中で修行が始まります。軽々と塀を乗り越える技や水面を歩く技など、充実していますよ。また伊賀忍者のワザを学べる「忍者の森」は伊賀店から車で約39kmです。忍者に興味があったなら、ぜひ「ファミリーロッジ旅籠屋・伊賀店」を拠点に楽しみましょう。

第2問

歴史に興味を持ち始めた中学3年生のお子さんと両親の計3人で、ゴールデンウィークに姫路城や龍野城、
赤穂浪士で有名な赤穂城、そしてノイシュバンシュタイン城(白鳥城)などを巡ろうと計画しています。
「ファミリーロッジ旅籠屋・たつの店」に5月5日(金=こどもの日)にチェックイン、5月7日(日)にチェックアウトします。
エキストラベッドを使用し、連泊割引も適用します。

この場合の全員の宿泊料(消費税・別)は、合計でいくらになるでしょう。

A. 29,000円    B. 30,000円   C. 31,000円    D. 32,000円    E. A〜Dのどれも違う。

ご応募フォーム
クイズのご応募はのページでお願いします。
メールアドレス・お名前・電話番号をお忘れなく。また、このホームページのご感想などを書き添えていただけると幸いです。その内容が抽選に影響することはありませんので、率直なご意見をどうぞ。
ご応募は1回1通のみ有効とさせていただきます。次回以降にまたご応募ください。
今回の締め切り

2017年5月7日深夜に締め切り、翌日に当選者(3名)のお名前を発表させていただきます。

ご利用方法
1.必ずご予約ください

当選された方には、ただちに「レギュラーシーズン無料宿泊券」を郵送させていただきますが、ご利用いただく場合はあらためてご予約のお申込みをお願いいたします。なお、「レギュラーシーズン無料宿泊券」はお知り合いの方にお譲りいただいても結構です。

2.ご利用可能日

「レギュラーシーズン無料宿泊券(レギュラールーム1室にご1泊)」のご利用は、2017年7月13日までレギュラーシーズン日に限らせていただきますのでご注意ください。
なお、レギュラーシーズン日は店舗によって異なりますので、のコーナーでご確認ください

3.ご利用可能人数

レギュラールームには、 クイーンサイズのベッド(幅154cm、ダブルベッドよりひとまわり大き目)が2台ございますので、ご家族などの場合、1室に4名様程度までお泊りいただけます。
4.諸費用

室料以外の費用(交通費・貸出販売料など)はご負担ください。
差額をご負担いただいてもレギュラーシーズン以外の日にご利用いただくことはできません
。ただし、差額をご負担いただいて部屋をセミスイートルームに変更いただくことは可能です。