ファミリーロッジ旅籠屋・宮島SA店



3ヶ月前から受付


施設紹介
写真でご紹介
ご利用案内
料金など
交通アクセス
電車・道路
イベント情報
お祭り・イベント
周辺ガイド
周辺・観光情報

店舗トップへ
宮島SA店トップ

プレゼントクイズ
毎月実施中

トリップアドバイザー


 

 

 



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです








山口県岩国市岩国1-2-1
国指定の名勝。日本を代表する名橋です。
錦川にかかる五連のアーチ構造の橋で、組木の技術が素晴らしいです。

荒れる川、川底は深い砂地。ここに奇跡の橋が造られたのです。
日本を代表する木造橋

資料によって橋の存在が初めて確認できるのは寛永16年(1639)。
幅の広い錦川。川は乱れ、川底は深い砂地であり、橋を掛けても掛けても流されるの繰り返しでした。

1673年、岩国第三代藩主の吉川広嘉も錦帯橋を架けましたが、すぐに流失してしまいました。その時、アーチ型の橋というアイディアを思いついたのです。
延宝元年(1673)に一度は完成しますが、翌年、早々と流されてしまいます。

しかしその際の経験を活かし、対策を練った上で新しい橋が建てられました。

これがその後、100回を超える改良・改造を経ながらも、276年の間、一度も流出しない錦帯橋となったのです。

しかしついに昭和25年の台風によって、錦帯橋は流されてしまいます。

これをきっかけに再建された錦帯橋は、現代技術と伝統技術が高度に混合した、流れない橋となりました。
ファミリーロッジ旅籠屋・宮島SA店から34km