メンバー
記録集
今後の予定
コラム
リンク集
トップへ
 
Supported by
ファミリーロッジ旅籠屋
 
シドニーマラソン 2011      2011.9.18
季節が逆なので、シドニーは春。
ただ、急に暖かくなったらしく朝7時に20℃を超える。

スタート地点は市内から有名なハーバーブリッジを北の対岸に渡ったところ。
ハーフの参加者が多いらしく、フルの参加者は数千名といったところか。
ホノルルマラソンと違い、日本人は少ないみたい。

スタート時間の7時半になり、列が詰まり、多分2〜3分でラインを横切る。
ロスタイムは少ないみたい。
最初から歩いている人や仮装の人は見当たらない。

すぐに上りがあって橋に入る。
先行したみのるんの後姿が遠くに見える。
快晴で湿度も低いが、気温は20℃以上あって日差しが強い。
日本の何倍も紫外線の量が多く、皮膚がんが多いらしい。

橋を渡ってシドニー市街に入るがすぐに左折して植物園の中を走る。
まだ、疲れもなく、海を眺める余裕もあって気持ちいい。

市街地に入って南北にのびるハイドパークを南へ。
ちょうど10km、公園の中で待機するカミさんからミニドーナツの補給を受ける。
知り合ったらしい外国人の女性からも盛大な応援をいただく。
日本の大会だと餅やおにぎりを朝食べて臨むのだが、今回は菓子パン1個だけだったので、なんだかエネルギー不足。
給水所は頻繁にあるが食べるものは用意されていないので、ちょっと心配。

公園を抜けて、大きな通りを走り、市街南東部の公園へ。
交通規制を少なくするために、この公園の中を行ったり来たりする。
20km手前から脚が重くなり、ペースも落ちて気力も萎えてくる。
夏の間に10km以上の練習を一度もしていないので明らかに準備不足。

とぼとぼ歩いているみのるんに追いつき追い越すが、しばらくして再び抜かれる。
ふたりとも歩いたり走ったり。しばらくして再度先行。

だんだん周囲のランナーもまばらになってくる。
30km、再びハイドパークに戻ってきて私設エイドでミニドーナツとオレンジジュースを飲み、10分ほど休憩。

一緒に歩き始めるが、公園の中は一般の散策を楽しむ人たちでいっぱい。
コースがわからなくなりそう。

オフィス街を抜ける頃から強風が吹き始め、給水所は大混乱の様子。
なんとか関門に間に合わせようと息子を置き去りにして走るが、後ろから自転車でやってきた大会スタッフに「向こうに見えるビルのあたりが関門で、あと6分」と言われる。
そのビルはかなり遠くで、こりゃダメだな、と半分あきらめる。
ようやくそこまでたどりついたが、やはり「ここでUターンして」と促される。
先の折り返しまで1kmちょっと。
後ろから来るみのるんを待って、折り返しから戻ってくるランナーにまじって、歩き始める。
35.2km、残念。

しばらく歩いているうちにサーキュラーキーという観光客いっぱいの港に入る。
みんなが、大歓声で応援してくれるので、歩いているわけにもいかず、走り始める。

30分ほど歩いていたせいで、なんとか走れる。
「Well Done! Nice Run! Good Job!」というような声と拍手に後押しされ、最後のゴールにたどり着く。

メダルをかけてもらい、完走Tシャツなどをもらい、荷物引換所まで歩いて、広々とした芝生の上でまったり。

残念ながら完走はできなかったけれど、緑いっぱいの市内を縦横に走れたし、ベストは尽くしたし、それなりに満足。
帰りにマレーシア出身の女性ランナーに話しかけられしばらく一緒に歩く。
彼女はずっと手前で関門に引っかかったらしい。

楽しい1日、うん楽しい1日だった。
もう少し頑張って10分はやく着いてたら完走できた。
いつか、再挑戦したいという気持ち・・・

   
TEAN旅籠屋