メンバー
記録集
今後の予定
コラム
リンク集
トップへ
 
Supported by
ファミリーロッジ旅籠屋
 
 ウルトラマラソンとの出会い(宮古島ワイドーマラソン) Vol.4  2011.04.7

第2回 素走り30K」を3日後に控え、いろいろとやる事がありますが、
忙しい状態にはなっていない(心を亡くしてはいない)!と自分に言い聞かせ、コラムを書き終えました。
さぁ、続き・・・数式から入ります。前回のコラム(Vol.3)はこちらをご覧ください。
---------------------------------------------------------------------
1月16日(日)夕方
8×15=120
脳も疲れていたが、このくらいは計算できる。

85km通過タイム、11時間04分

仮に8分で15km走ると、120分かかるから13時間04分かぁ
4分は240秒だから15で割ると…
このレベルになると簡単に答えが出てこない(笑)

キロ7分40秒!!

このペースでいけば12時間台でゴールできる!
「記録よりも美学」
「美しければ、すべてよし!」でしたっけ(笑)

目先にとらわれる悪い癖。やはり、本性には勝てない。

君子豹変、朝令暮改♪
ガーミンを素早くセットし、戦闘モードに突入!!
ペースを上げて走っていくと、35kmの壁にぶつかった50kmの部のランナー(ピンクのゼッケン)が見えてくる。

「ピンク、ピンク発見!」
獲物と化した、ピンクのゼッケンを見つけては追い抜く。
肉食系の性でしょうか、抜く度に嬉しくなってくるのは…

いつの間にか、ラップは6分半を切っていた。
「ゴボウ抜きや〜」
完全に調子に乗っている。

が、私と違って、少し冷静な同級生K氏。
「残り15kmからラストスパートしたけど、それってフルで27kmから飛ばすんと一緒やぞ」
そう言われれば、そうかも…

---------------------------------------------------------------------

15km手前からラストスパート!
確かにタイミングとしては、早かったかもしれない。
途中で、左足の空豆が潰れるなど、いくつかのアクシデントもあった。

しかし、その後も大きくペースダウンすることなく、レッドカーペットが敷かれたゴールへ
記録、12時間51分01秒



よっしゃ、13時間切り!!
「もう一回、同じように走れと言われても絶対無理」
本当に、本当に嬉しかった。
---------------------------------------------------------------------
1月17日(月)レース翌日
85kmからラストスパートし、途中計算した通り13時間を切ることができた。
しかし、それで、本当に良かったのだろうか!?
疑問が生じ、頭から離れない。

記録はランナーにとって最も大切なものの一つ。当然、速ければ速いほど嬉しい。

「記録にこだわらず、頑張らず、レースを楽しもう!」
今回は、そういうふうに、自分に暗示をかけていたに過ぎない。

しかし、意識的に演じることで、たとえ錯覚であったとしても、あの時、“美しい世界”を垣間見ることが出来たのだ。

記録にこだわらず、自分なりに1日を楽しむことがウルトラマラソンの醍醐味なのでは!?

85km地点、目先にとらわれず…もう少し1日を楽しんだら、もっと違う世界が見えたのでは…

もしかすると、違うゴールが待っていたのでは…

今となっては分からない。
答えを探して、これからも走り続けたい。

(完〜レース翌日、伊良部島にて〜)

   
TEAN旅籠屋