ファミリーロッジ旅籠屋 全店共通案内


空室一覧
07/24 現在

ご利用料金

ご利用時間

客室常備品

ペット同宿

オリジナル品

インターネット

旅籠屋とは

全店一覧

プレゼントクイズ
毎月実施中





空室一覧
全店一覧 スタンプラリー
ご参加ください


秋田六郷店 北上江釣子店 寒河江店 仙台亘理店 須賀川店 いわき勿来店

水戸大洗店 那須店 日光鬼怒川店 佐野SA店 沼田店 前橋南店 秩父店 東京新木場店 九十九里店 袖ヶ浦店 千葉勝浦店

新潟南店 軽井沢店 小淵沢店 韮崎店 石和店 富士都留店 富士吉田店 山中湖店 静岡牧之原店 袋井店 浜名湖店

金沢内灘店 土岐店 彦根店 桑名長島店
伊勢松阪店 伊賀店 奈良針店

出雲大社店 広島店 宮島SA店 壇之浦PA店

高松店 讃岐観音寺店

北九州八幡店

本社 旅籠屋とは コンセプト 会社概要 土地活用



ファミリーロッジ旅籠屋バナー
当サイトは
リンクフリーです







お手本は、アメリカのモーテル

980327HighwayGuide.jpg (9347 バイト)
フリーウェイ沿いの宿の案内看板

アメリカを車で旅すると、行く先々の街や村で、「MOTEL」という看板を掲げたミニホテルを目にします。

980327Motel3.jpg (7175 バイト)
シンプルな平屋建て、典型的な郊外のモーテル

日本で「モーテル」というと、カップル専用のラブホテルを連想してしまいますが、本来は、主に車で旅する人が、誰でも気楽に利用できる、素泊まりのロードサイドホテルのこと。
ほとんど何のサービスもないかわりに、とても自由で、驚くほど安く泊まれる庶民の宿なのです。

980327MotorLodge.jpg (8300 バイト)

ゴージャスでリッチな気分を満喫するというわけにはいきませんが、子供連れの家族旅行、ひとりやグループでのツーリング、そしてビジネスでの宿泊には、必要十分な施設と言えます。

980327SleepInn.jpg (8475 バイト)
比較的規模の大きな、現代的なモーテル

実際、アメリカでは、店舗数が1000を超えるチェーンが10以上もあるなど、その数はガソリンスタンドやコンビニエンスストアなどよりはるかに多く、車社会になくてはならないインフラ施設として人々の生活を支えています。


「ファミリーロッジ 旅籠屋」は、こうした合理的で経済的な宿を日本にも実現させることを目的にスタートしました。
新しい選択肢のひとつとして気軽に活用され、旅の楽しみやスタイルが豊かになっていけば、と願っています。

2度にわたるアメリカ視察、各方面の方々からのアドバイスを得て、 1995年8月、待望の1号「日光鬼怒川店」が栃木県・鬼怒川温泉近くにオープンしました。

1号店 「日光鬼怒川店」

1995年8月オープン

日本全国に増やしたい
2号店
「那須店」

2000年4月オープン
3号店
「秋田六郷店」
2000年6月オープン
4号店
「山中湖店」

2001年7月オープン
日本では先例のない業態の宿泊施設であり、バブル崩壊後の景気後退時期の開業ではありましたが、予想を越える多くのご利用と「こんな宿泊施設を待ち望んでいた」との声を数多くいただき、3年後の1998年からは当初の目的どおりチェーン展開に向けた活動を開始しました。
5号店
「沼田店」
2001年7月オープン


  5号店からは、遊休地の所有者に建物を建築いただき、これを20年間当社が借り上げて経営と運営を行うという方式を中心に出店を行っています。
ちなみに5号「沼田店」の土地所有者は東京電力。電柱置き場として使われていた土地の有効活用として実現しました。
6号店
「水戸大洗店」
2001年10月オープン
7号店
「北上店」

2002年7月オープン
8号店
「仙台亘理店」
2004年4月オープン

 

関東から東北にかけて少しずつ店舗が増えていきました。

9号店
「小淵沢店」

2004年7月オープン
10号店
「前橋南店」

2005年7月オープン
11号店
「九十九里店」
2005年12月オープン
 
12号店
「東京新木場店」

2006年3月オープン
    2006年には、地域再生や大規模な不動産投資で卓越した実績を持つリサ・パートナーズ(東証1部)と業務提携して待望の東京湾岸エリアに「東京新木場店」がオープンしました 
13号店
「千葉勝浦店」

2007年3月オープン
14号店
「軽井沢店」

2007年4月オープン
15号店
「須賀川店」

2007年4月オープン
 
16号店
「いわき勿来店」


2007年7月オープン
17号店
「牧之原店」


2007年7月オープン
18号店
「金沢内灘店」

2007年10月オープン
西への出店も少しずつ具体化してきました。
「金沢内灘店」は、「コンフォモール内灘」というショッピングセンターエリア内への出店で、初めてのケースとなります。
19号店
「韮崎店」


2007年12月オープン
20号店
「土岐店」


2008年3月オープン
21号店
「伊賀店」


2008年4月オープン
22号店
「壇之浦PA店」


2008年4月オープン
23号店
「松阪東店」


2008年6月オープン
 24号店
「浜名湖店」


2008年7月オープン
  25号店
「佐野SA店」

2008年7月オープン
「高速道路のSAやPAにこそ、マイカー旅行者の誰もが利用できる宿泊施設があるべきだ」とかねてより強く訴え、提案してきましたが、ようやく実現することができました。
 26号店
「新潟南店」

2008年7月オープン
27号店
「奈良針店」


2009年3月オープン
28号店
「彦根店」


2009年4月オープン
東海や近畿方面にも店舗が増えてきました。
29号店
「桑名長島店」


2009年7月オープン
30号店
「寒河江店」


2009年7月オープン
地方の自治体からの出店要請をいただくことも増えてきました。
31号店
「高松店」

2011年7月オープン
32号店
「富士吉田店」

2011年7月オープン
33号店
「袖ヶ浦店」

2011年7月オープン
初めての四国地方の店舗も実現しました。
34号店
「宮島SA店」

2011年11月オープン
    高速道路内の店舗も、3箇所に増えました。
日本に存在しなかったスタイルの宿泊施設でありながら、無名の「旅籠屋」がお客様から多くの支持をいただき、店舗を増やしてこられた背景には、旅行スタイルの変化があります。新しいニーズにマッチした施設が求められています。
しかし、親子4人で1室1万円(消費税別)からという経済的な料金が、成功の十分条件というわけではありません。お仕着せの中途半端なサービスを行わず快適に泊まれるという機能に特化すること、マイカー旅行者が誰でも気軽に宿泊できる立地と部屋の広さなど、事業のコンセプトやポリシーを明確にし、維持していることが、大切なことだと考えています。
35号店
「富士都留店」

2012年7月オープン
36号店
「秩父店」

2012年7月オープン
37号店
「北九州八幡店」

2012年10月オープン

 

38号店
「広島店」

2013年1月オープン

39号店
「石和店」

2013年7月オープン
40号店
「讃岐観音寺店」

2013年7月オープン
 
41号店
「出雲大社店」

2013年8月オープン
    四国や九州にも誕生し、年間延べ30万人(累計で延べ180万人)の皆様にご利用いただけるようになりました。
今後とも、「シンプルで自由な、旅と暮らしをサポートする」宿泊施設として、着実に店舗を増やしていきたいと考えています。


コンセプトとポリシーへ


旅籠屋トップへ